本文へスキップ

障害者支援施設 白山成年館は茨城県筑西市にある知的障害のある方の入所施設です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0296-24-8989

〒308-0811 茨城県筑西市茂田1735-1

コンセプトconcept

利用者の日々の様子

利用者の日々の様子や、慶育会や白山成年館で行われた行事などを随時更新しています。

平成29年度の日々の様子はこちら

平成28年度の日々の様子はこちら

平成30年6月

19日

平成30年度の利用者と職員の定期健康診断を行いました。
利用者と職員合わせて総勢で200名以上の方が受診し、白山成年館の利用者も全員が受診しました。
今回の健康診断で、身長・体重・検尿・心電図・貧血・肝機能・血糖・胸部レントゲン・脂質・尿酸・炎症について検査をしました。午後3時過ぎまで掛かりましたが、無事に全員が終了しました。
 15日

夕食を兼ねた余暇外食を実施し、市内のココス 下館バイパス店へ利用者4名、職員2名で行ってきました。

6月の誕生者も1名参加し、メニューを見ながら食べたい物を選びました。希望が包み焼ハンバーグが多く、できたてアツアツのハンバーグをゆっくりと食べてきました。ドリンクバーでも好きなジュースやコーヒーを飲み、デザートも食べておなかいっぱいになり帰りました。
 
 9日

育成会活動の一つとして、第1回目の奉仕作業を行いました。今年度は奉仕作業を2回開催することが先月の総会で決定し、そのうちの1回目となります。
当日は17名の保護者に参加していただき、男性保護者は施設外側の生け垣の剪定、女性保護者は掃除などで使用する台拭きや雑巾縫いを行ってもらいました。生け垣の剪定は道路沿いのみとしたことで効率よく行うことができ、とても綺麗になりました。雑巾縫いはタオルの寄贈もあり、1年間は充分に使用できる量の雑巾に縫っていただきました。
午前で終了となったので、昼食を食べていただきながら職員や保護者同士のコミュニケーションも取ってもらい、第1回目の奉仕作業は無事に終了しました。
8日

毎月の余暇外出で、6月は利用者5名と職員2名で栃木県方面へ行ってきました。
今回は宇都宮動物園をメインの目的地にし企画しました。当日は天候も良く暑いくらいでしたが、時間に余裕を持ってゆっくりと見学をしました。園内では動物との触れあう機会も多く、怖がりながらもカバや牛などに触っていました。また園内の遊園地でも乗り物に乗って遊ぶこともでき、楽しく一日を過ごせました。筑西市内で夕食を食べてから帰り、朝から夜まで十分楽しんでくることができました。

 

平成30年5月

30日

生活介護の行事でバーベキューを行いました。
毎年行っているバーベキューですが、できたて焼きたての食事を利用者はとても楽しみにしています。今年は雨の予報もあったこともあり、食事場所は食堂にし、バーベキューは外で行いました。
利用者もみんな興味があり、自分で焼きたい方には焼いてもらったり、その様子を見ていたりと、できあがるのを楽しみに待っていました。
食堂ではおにぎりを作ってもらったりして無事に全員分が完成しました。雨も降っていなかったので、急遽外で食べることにして、椅子が無くても食べらる方は外で、食堂の方が良い方は食堂で食べてもらいました。お替りもたくさんありおなかいっぱいになることができました。
 25日

夕食を兼ねた余暇外食を実施し、市内のZAKへ利用者5名、職員2名で行ってきました。

5月の誕生者も2名参加して、それぞれが食べたい物がある洋食店に行きました。お店につくとZAKで人気のあるハンバーグに注文が集まってしまいましたが、人気があるだけにとてもボリュームもあり美味しく食べることができました。
デザートも食べ、笑顔の多い外食になりました。
 22日

毎月の余暇外出で、今月は利用者5名と職員2名で栃木県方面へ行ってきました。
天候にも恵まれ、9時過ぎに白山成年館を出発。11時過ぎに栃木県防災館の見学へ行きました。防災館では地震や火災、台風の疑似体験を行いました。
昼食の後はお菓子の城 那須ハートランドへ行きました。お菓子作りの様子は見学できませんでしたが、花と体験の森の散策を行いました。
最後は予定を少しオーバーしてしまいましたが、夕食を食べてから帰ってきました。
20日

白山成年館の育成会総会の後に利用者13名と職員4名で常総市にあるきぬの湯へ行ってきました。

昨年末に出かけた天然温泉で、今年度になり白山学園から異動になった職員がマイクロバスを運転して大人数での参加になりました。
今回はお風呂と夕食をメインにした外出であったので、16時ごろに到着し順番で天然温泉のお風呂を楽しみました。その間に夕食に食べたい物を選んでもらい、全員そろっての夕食。それぞれ好きな物を食べて嬉しそうにしていました。19時ごろにきぬの湯を出発して無事に白山成年館へ帰りました。
20日

白山成年館の育成会総会を開催しました。これまでは、5月初旬の春の帰省開始日に合わせて開催していましたが、近年の育成会への参加率の低下などから、今年2月に役員会を開催し今後の運営方法を検討し、帰省開始日と別日の開催となりました。
結果としては参加者は10家庭となってしまいましたが、今後の育成会の運営について、会費・会費の徴収方法・育成会旅行の実施・各種研修の通知・新役員などの検討を行うことができ、結論が出なかったものもありますが、今年度の育成会の方向性を見出すことができる総会となりました。
18日

夕食を兼ねた余暇外食を実施し、市内のカルビ大将 下館店へ利用者5名、職員2名で行ってきました。

5月の誕生者も3名参加して、食べることが好きな利用者もいるので、しっかりと食べられるお店を選びました。
白山成年館では健康志向の食事のため、普段よりボリュームのある食事をおなかいっぱいに食べてきました。
食べ過ぎることもなく適量を食べたつもりでしたが、食べたりない利用者もいました。
 
12日

当法人は今年度で創立68周年になり、その創立記念式典を機能訓練棟で開催しました。
式典では毎年行われているよい子の表彰では、白山成年館では今年も2名の利用者が表彰されました。日ごろの施設生活の中での頑張ていることを表彰され、笑顔いっぱいで表彰状を受け取っていました。
また、利用児・者を代表しての誓いの言葉では、今年は白山成年館の利用者が代表して言葉を述べ、自分自身の4つの目標とそのために自分が頑張ることを堂々と立派に述べていました。

式典が終わるとグラウンドで会食となり、天候も良くなってきたのでテントの下で食事をしました。来週から新しく建設した厨房が開始となることに合わせて、そのお祝いとこれまでの厨房での最後の会食となることから、いつもよりも豪華な食事と色々な種類の食事が提供されました。利用者も選ぶ楽しみが増えて、何度もお替りをする方もいたりと、晴天のもと楽しい会食の時間を過ごすことができました。


 

平成30年4月

27日

夕食を兼ねた余暇外食を実施し、市内のココス 下館バイパス店へ利用者3名、職員2名で行ってきました。

日ごろの食事形態なども考慮して参加する利用者が食べたい物を食べやすく食べられるところを選びました。
職員が介助しながら食事をしたり、食べたいように食べてもらったりと、あっという間に食事の時間が過ぎていきました。
20日

夕食を兼ねた余暇外食を実施し、市内の海鮮うまいもん屋 ごほう 下館店へ利用者4名、職員2名で行ってきました。

4月の誕生者も2名参加して外食を行い、ささやかですがお祝いもしてきました。自分たちで食べたい食事をメニューから選んだり、食べたい物が決まっている利用者もいたりと、今年度も1回目の外食を楽しく終了することができました。
6日

お花見の行事を行い、白山成年館から県西公園まで移動しました。今年は桜の開花が1週間ほど早かったこともあり、桜の満開は過ぎていました。しかし、木によっては綺麗に咲いている桜も見られました。
県西公園までもそれぞれのペースに合わせて会話をしながら楽しく散歩し、公園内の散策もゆっくりと行いました。
昼食は事前に希望を聞いていたお弁当を届けてもらい、公園内で花を見ながらいつもとは違った食事の時間を過ごしました。

 


白山成年館

Facilities info.

障害者支援施設 白山成年館

〒308-0811
茨城県筑西市茂田1735-1
TEL.0296-24-8989
FAX.0296-24-2078
→アクセス