サポートセンターはぐくみ

相談支援事業 サポートセンターはぐくみは こんなところ

 障害児・者とその家族、関係機関からの、日常生活や福祉サービス等に関する相談にのります。
 障害児・者のご希望・状況・課題等をお聴きし、必要なサービスや今後の目標などを示したサービス等利用計画/障害児支援利用計画を作成します。定期的にご自宅などを訪問し、サービスの実施状況を把握し計画の修正をしながら、より良い生活が送れるよう、相談支援専門員が一緒に考えていきます。
 また、地域の方に向け、地域生活支援セミナー・福祉サービス説明会を不定期で開催しております。

相談支援事業所としての専門性

相談支援専門員の手厚い配置について
令和2年度より特定事業所加算Ⅳを算定します。

特定事業所加算Ⅳを取得する条件は・・・
  ●常勤かつ専従の相談支援専門員を2名以上配置
  ●上記のうち、1名は現任者研修終了

当事業所では兼務を含めて5名の相談支援専門員を配置しています。
5名のうち、4名は現任者研修を修了しています。
また、1名は主任相談支援専門員養成研修を修了しています。

相談支援専門員の専門性
当事業所には、強度行動障害支援者養成研修(実践研修)及び、
障害者支援の障害特性と支援技法を学ぶ研修を修了した相談支援専門員を配置しています。
 →行動障害支援体制加算、精神障害者支援体制加算を算定できる事業所です。

↑ ページ上部へ戻る